HOME < 夫婦の危機 < 隠していること、ありませんか?

隠していること、ありませんか?

隠し事をしていると、必ずいつかばれて夫婦関係にひびが入るでしょう。なんでもよく相談して、自分だけで決めてはいけません。あなたが本当に困っているとき、助けてくれるのは消費者金融ではなく、奥さんです。

つい出来心が大変な事態に…

ついつい手を出してしまったギャンブルで大負けしてしまい、その月のお小遣いがゼロ。このままでは飲みにも行けません。しかし追加でお金をせびると、嫌な顔をされてしまうのは目に見えています。そんな時、ふと目にした広告が、とんでもない事態のきっかけとなってしまうことも。

お金はあなただけのものではありません

消費者金融は確かに便利です。時間外の手数料もありませんし、しっかりと計画的に利用すれば、それほど高い利子にもなりません。しかし多くの人がこれに手を出し、人生を棒に振っています。「ほんの出来心…」では済まされないのが借金です。どうしようもないことは人生にたくさんありますが、出来ればしないにこしたことはありません。

独身者であれば、借金は自分だけの問題でしょう。返済が出来なくなって困るのは自分だけです。もちろん連帯保証人などをつけていれば、そちらに迷惑がかかることもありますが、基本的には自分で背負うもの。誰に迷惑をかけるわけではないです。

しかし所帯持ちの場合はまた事情が異なります。結婚をした時点で、あなたのお金は夫婦の共有財産となります。さらに言うなら、あなたの借金は夫婦の借金にもなります。軽い気持ちで手を出してしまったばっかりに、家計に大ダメージを与えてしまう、なんてこともあり得るでしょう。CMでも言われているように、ご利用はとことん計画的でなくてはなりません。

最悪のケースだけは避けるために

どこで借金をしたとしても、後ろめたさは残るもの。奥さんに打ち明けられずに、首が回らなくなってしまった人は少なくありません。最後は結局ばれて、最悪離婚にまで至るケースさえあります。

借金もいけませんが、何より隠し事をしたことが夫婦の信頼関係を崩壊させます。パートナーは少ない給料をやりくりし、一生懸命家計を支えているというのに、あなたがそれを全て無為にしてしまうのですから当然でしょう。

お金が足りないときは、どんなに嫌でもまずは奥さんに相談してみましょう。「ダメだ」と言われるかも知れません。もしかしたら怒られてしまうかも。しかしそれはあなたの金銭感覚を正すための安全装置です。しっかり叱ってくれる奥さんがいるだけ、ありがたいと思ってください。

あなたが本当に困っていれば、パートナーは絶対に協力してくれます。それは金銭面だけではありません。色々なサポートで、あなたを正しい道へと導いてくれるはずです。お互いの信頼関係があれば、夫婦の絆は安泰と言えるでしょう。