HOME < 夫婦生活 < 未来予想図、見えていますか?

未来予想図、見えていますか?

未来予想図
二人の将来を考えるのは、やはり夫婦二人でなくてはいけないでしょう。

話し合いの場を何度も持ってください。素直な気持ちを語り合いましょう。
人生をどうやって共に生きていくかは、二人の問題です。



どんな未来が見えますか?

あなたには、20年後や30年後の自分と奥さんの姿が見えていますか?二人は幸せな顔で微笑んでいるでしょうか?どんな人生を送るか、将来設計をしっかりと立てておくことが重要です。それと同時に、二人の関係を常に良い状態で維持し続けることも。今の段階で隠し事を持っていたり、不安をもっていたりしては将来の充実した生活はありえません。今からしっかりと考えておいてください。

「いきなりそんな先のことなんて考えられない」そんな風に思ってしまうのは仕方のないことでしょう。今の暮らしですらいっぱいいっぱいなら、明日のことを考えるだけでも大変です。その時その時を一生懸命生きていくことは大切です。ですが、目標がなければどこへ向かえばいいかわからないもの。奥さんに尋ねてみましょう?「将来、どんな二人になりたい?」

老後は全てが大変です

将来の姿を想像するのは、もしかしたら苦痛を伴う作業かも知れません。老いは誰にでも訪れるものです。しかしそれを考えると、気持ちが落ち込んでしまうのも確か。今は元気な二人でも、いつか必ず体力は衰え、シワの数も増えます。それだけではなく、生活を送るための能力すら衰えて言ってしまうでしょう。

奥さんの下の世話までする自信がありますか?また、あなた自分も、奥さんに色々なお世話をしてもらえるでしょうか?ホームヘルパーなどもありますが、それよりもまずは夫婦で助け合って生きていくことの方が先決です。そのためには、二人の絆がしっかりと結ばれていなくてはなりません。お互いを思いやるだけでなく、どんなこともしてあげられることが、本当の愛情かもしれませんね。

必ず訪れる場面。その時あなたは…

いつか必ず、死は二人を離ればなれにします。あなたが先に旅立つか、奥さんが先かは誰にも分かりません。しかしそうなったとき、あなたは奥さんに「一緒にいてくれて、ありがとう」と言える準備をしておかなくてはなりません。人生を共にした伴侶との別れは、それはそれは辛いものでしょう。しかし、しっかりと愛情をもって過ごしてさえいれば、どんな場面になったとしても、悲しみこそあれ、悔いは残らないでしょう。

二人の将来を考えることは、これからの長い人生をどう生きるかの指針になります。一人の頭で想像しているだけでは不十分です。夫婦の問題は、二人で考えていきましょう。