HOME < 夫婦生活

愛する人と家庭を築きたいなら

愛する人と家庭を築きたいなら
それぞれに事情もありますが、子供が生まれた夫婦はたいてい喜びの表情を浮かべます。

愛する人との間に、二人だけの宝物が出来たのですから当然ですね。「この子を絶対不幸にしてはいけない」と、今後の結婚生活にもいっそう気持ちが入るでしょう。

子供は夫婦にとっては本当にかけがえのない存在です。夫婦生活の上で、最も大きな出来事のひとつでもあります。まだ子供のいない夫婦は、あらかじめしっかりと考えておくべきでしょう。

子供をつくる覚悟

子供をつくる覚悟
最近では「できちゃった婚」も増えていますが、子供を作る前には本来それなりの覚悟が必要です。どんなに本人たちが未熟であったとしても、子供が生まれれば必然的に親となります。

心の準備が出来ていないままでは、赤ちゃんがかわいそうです。妊娠を計画するなら、気持ちにしっかりとけじめをつけるべきでしょう。

計画を立てる必要性

子作りには準備が大切です。気持ちはもちろんのこと、向こう数十年の蓄えや家庭環境についてもしっかりと考えなくてはなりません。

もちろんはじめはみんな新米です。慣れないことも多いとは思いますが、夫婦の絆さえしっかりしていれば必ずうまくいくでしょう。

食事にも気を遣おう

いざ子作りともなると奥様が基礎体温を測りだしたり、排卵日検査薬等で排卵日の予測をしたりして、愛のある性行為ではなく子作りのための性行為にシフトすると、旦那にとってはかなり抵抗を感じたり、プレッシャーを感じたりしていつものように勃起しなかったりすることもあります。

バイアグラ等のED治療薬に頼るのもいいですが、普段からの愛情が一番の薬になることも覚えておいて下さい。普段からお互いに「思いやり」を意識するのも大事です。旦那はED治療薬を飲んでまで頑張るのだから奥様は精の付く美味しい手料理をふるまったりするのも良いかと思います。
ここのレシピが参考になるかと思います→http://www.hama1-cl.jp/recipe/
ここのサイトにも「子作り問題はED治療薬だけが特効薬ではなく、奥様の愛情が一番の特効薬である」とあります。子作りには愛情が必要不可欠です。

二人の愛のあかし

インポテンツや不妊症、EDといった場合を除き、普通に子作りに励めば妊娠の機会は必ず訪れます。新しい命を授かったとわかった夫婦は幸せの絶頂でしょう。

ついに二人の愛の結晶がこの世に誕生するのです。妻は女性に生まれた喜びをかみしめ母親となります。夫は父親として、一家の大黒柱として、今後いっそう仕事に励むでしょう。

親子での幸せな暮らし

我が子のいる生活とは何物にも代えられないほど幸せなものです。夜泣きやおねしょにも悩まされますが、それもまた喜びに変える力を赤ちゃんは持っています。子の成長というのは本当にあっという間で、気づけば親の元を去って行きます。立派に成長した我が子を見送るのは、なんとも誇らしい気分ではないでしょうか?

いつか、別れるその日まで

あなたにもパートナーにも、人間なら誰にでも死は訪れます。周りの人々はもちろん、あなたも非常に辛いでしょう。この世から去る瞬間、目の前に愛しい伴侶や大切な息子、娘たちがいてくれたら、「良い人生だったな」と思えるのではないでしょうか?

あなたの分身とも言える子供たちが、自分も死後もこの世界で子孫を残してくれる。本能だけではない、生物の壮大なロマンがそこにはあります。