HOME < 夫婦生活 < 子供をもつことのメリット

子供をもつことのメリット

自分より大切な存在ができること

大切な存在
子供がいなければ、大抵の人は自分が一番大切なのではないでしょうか。それが普通だと思います。しかし、子供ができると自分よりもその子が大切になります。例えば自分か子供の片方の命しか助からないのであれば、子供の命を助けるでしょう。そんな存在ができることで今までにはなかった力が出せることもあります。

男性なら仕事を頑張る原動力にもなり得ます。「もう辞めてやる!」と思っても子供のことを考えればもうひと頑張りがきくものです。

女性なら、出産・育児というハードな経験をすることで、ほとんどの方は精神的にタフになります。子供の集団生活に合わせて付き合いも多くなりますからコミュニケーション能力も上がっていくでしょう。

子供を通して自分の世界も広がります

ある程度の年齢になると交友関係はなかなか広がらなくなります。しかし子供がいれば、その親たちとの交流が増えてきます。その中には普段の自分なら決して知り合わなかったようないろいろな人がいます。まったく違う年代であったり、職業であったり、個性もさまざまでしょう。その出会いから今まで知らなかったことを知ることができます。

また、子供の世界を知ることも刺激になります。子供たちの間で流行っていることは親世代には新鮮です。親子でハマる遊びや映画なども出てくるでしょう。特に想像力が必要な仕事を持っている人なら、子供を持つことによってよりアイディアの幅が広がるというメリットもあります。

さらに、社会への関心も高くなります。地球環境の問題は自分の子供の将来に関わってくることなのでもはや他人事ではありません。子供を持つことは教育制度や食の安全、政治のことまで、あらゆることを真剣に考えるきっかけとなるでしょう。

子供は癒しの名人です

子供はめんどくさい、お金がかかるという理由から子供を持ちたくない人も多いことでしょう。たしかに子供は思うようにはなりません。ある程度の年齢になるまでは親の手を煩わせる存在です。しかし、子供は確実に成長していきます。その成長を喜ぶことが夫婦の共通の喜びとなるのです。離婚を考えるほど夫婦の関係が悪化したときも子供のことを考えて離婚を踏みとどまった夫婦もたくさんいるはずです。

子供は自分の親が一番好きです。その愛情を毎日体中で表現してくれます。それを喜ばない親はいないでしょうし、何よりもその笑顔やしぐさに癒されるものです。

子供はめんどくさくてお金がかかるのは事実です。しかし「子供なんか作らなきゃよかった」と真剣に思う人はほとんどいないこともまた事実なのです。