logo

結婚は人生の墓場じゃない! 〜パートナーといつまでも仲良く暮らしていくための方法〜


結婚は人によって辛く苦しいものだと言われます。今まで自由に使えたお金も貯蓄に回さなくてはなりません。休日も家族のことを考え好き勝手にすごすわけにもいきません。

まるでいいとこ無しのように思えるかもしれませんが、良く考えてみてください。そもそも嫌なことしかないのであれば、誰も入籍なんてしません。すでに夫婦となった諸先輩方を見習い、あなたも幸せなマリッジライフを目指しましょう。

夫婦に贈る結婚白書

  • 夫婦に贈る結婚白書

    そもそも結婚は人生の墓場とは?

    詩人・ボードレールが生きていた時代、フランスでは梅毒が広まっていました。性病にかかってしまった人々に対して彼は「結婚をするのであれば身を清めよ」と言いました。身を清める場所とは墓場のある教会のことです。元々は恋愛は人生の墓場だ、という教訓が間違って伝えられ、「結婚は人生の墓場だ」という言葉が有名になったようです。

    ネガティブなイメージの格言ですが、元々は否定的な意味ではないと言えます。

  • 結婚は人生の墓場とは?

    心配ばかりだと幸せは逃げていく

    婚約前から今後の夫婦生活に向けての不安で顔を曇らせていては、婚約者まで心配になってしまいます。幸せへの道のりには多くの困難がありますが、準備や心構えさえしっかりしていれば恐れることはありません。

    二人ならどんなことでも乗り越えられると自信を持ちましょう。

  • 心配ばかりだと幸せは逃げていく

    愛する人との生活をイメージする

    あなたが人生の伴侶に選んだ人との生活はきっと素晴らしいものになります。一人ではつまらないことも、二人ならきっと楽しいものに変わります。パートナーがどんな時も隣で微笑んでくれる安心感。苦しいときは支えてあげようとする思いやりの気持ち。祝福をしてくれた多くの人たちのためにも、夫婦には幸せになる義務があります。

    二人だけの家庭を築き、いつまでも仲良く暮らしていける方法を考えていきましょう。

  • 生活をイメージする

    すれ違いは試練と考えよう

    別々の人生を歩んできた男女には違いがあって当然です。一方の意見を押しつけてもいけませんし、我慢するのもいけません。問題には必ず解決法が存在します。二人で障害を越えていくことで、より強いきずなが生まれます。

    夫婦に訪れるさまざまな危機をひとつずつ丁寧に考えていきましょう。

    結婚は人生の楽園だ

    幸福な人生を送るために、伴侶との生活を充実させるのはとても重要です。最期を迎えるその時、後悔をしないためにはあなたとパートナーとの努力が必要です。

    悲しむより笑った回数の方が多い一生を送りましょう。